ブックカフェ★ねこや珈琲

nekoyacafe.exblog.jp
ブログトップ

ブラジル トミオ・フクダ DRY ON TREE


先日はワールドビーンズさんから初めて「ブラジル トミオ・フクダ DRY ON TREE 」を購入しました。
この場合の「初めて」はワールドビーンズさんにも生豆にも両方にあてはまります^^
要するにワールドビーンズさんで購入するのも初めて。
ブラジル トミオ・フクダ DRY ON TREE も初めてです。

なんや文頭からくどくなっていますが、このDRY ON TREE、赤くなったコーヒーチェリーを摘まずに
木の上で完熟してドライチェリーになってから収穫するというもので、
マンガ「珈琲タイム」によると、感動するくらい甘みのあるコーヒーらしいのです。
「甘い」と聞くといやが上にも期待が高まります^^
同様の商品はワイルドさんでも「晩秋樹上完熟豆」という名称で販売されていますが、

1.トミオフクダ氏のブランド名に惹かれた
2.ワイルドさんの「みんなの声」で晩秋樹上完熟豆の風味を「野性的」とか
  「なんかすごい」と出ていて二の足を踏んだ^^;
3.ワールドビーンズさんでは3kg販売をされていて、しかも3150円以上で送料無料

このよーな理由で初ワールド、初トミオフクダになったわけです。

で、一昨日焙煎してみました。
焼きやすいです。すごく。
ルワンダを初めて焼いた時も思いましたが、ねこやにとっては焼きやすいです^^
(つまり、その名に反してあまりドライな豆ではないという・・・)
でも「焼きやすい」=「美味しく焼ける」というわけでは決してなく、
一昨日焙煎したDRY ON TREEどうやら軽めの仕上がりになってしまいました。
ただ、焼きやすいということはねこやの心理的にも良い方に作用してくれるようです^^
次回は1ハゼまでをガス圧落とし気味、長ストロークでやってみようと思います。

ちなみに、もうひとつの焼きやすいコーヒーのルワンダ!
初焙煎でもいい香りを引き出せました^^
なんと懐の深いコーヒーじゃ!
でも、ちょっと苦みが強い仕上がりになってしまったので、
こちらもまだ探りどろこ満載といったところでしょうかw

販売出来るのはもう少し先になりそうです^^

f0162381_17285954.jpg
                  なんか貫禄あるハル
[PR]
by nekoya_cafe | 2010-05-23 17:29 | 焙煎日記

自家焙煎と読んだ本あれこれ


by nekoya_cafe