ブックカフェ★ねこや珈琲

nekoyacafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

217


ねこやブログにはいつもだいたい30~45人のアクセスがあります。
ところが今日(5/27日)はなんと217人ものアクセスが!!!!
一体なにに引き寄せられたというのでしょうか・・・
嬉しいというよりも、むしろきょーふを感じてしまいます^^;;;

で、その理由は先程グラウベルさんから届いた
メールマガジンを読んで判明しましたw

5/27日午後10時40分TBS『クメピポ! 絶対あいたい1001人』
オオヤコーヒ焙煎所の大宅稔さんが出演していたそうなのです^^

もうちょっと早くメールに目を通していたら、
絶対見ていたのに・・・(><)
残念です!!!

それにしてもさすがオオヤさん。さすがTVです!
オオヤさん目当てでこんな辺境のブログにまで
人を引導するのですから。


一体どんな番組だったのか気になるところです。。。
ああ、本当に残念です(><)


 ◇◇◇ 5/28日追記 ◇◇◇

今日も188ものアクセスが!!!
すごいもんですね~テレビの威力って^^;

でもコメントゼロということは
毒にも薬にもならないブログだったということなのでしょうw
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-28 00:58 | コーヒー四方山話

焙煎日記


昨年は月イチのペースで手作り市に出店していたので、
生豆の仕入れ量も1銘柄10kgとか結構大量でした。
でも今年は学校関係の役員になっていることもあって、
昨年のようなペースでの出店はできません。
そんなわけで生豆の仕入れ量もおのずと制限されています。

・・・というか、むしろ昨年は買いすぎだったと言えなくもないです^^;;;
その代わり自分なりに納得のいく焙煎が出来るまで
惜しげもなく生豆を使っていました。
その犠牲となったのは一番身近なモニターのねこやパパであることは
言うまでもありません^^;

コロンビアも5月の十日市で出店できました。
でも焙煎記録を見たら、コロンビアだけで1月から5月までに50回も
焙煎していたことがわかりました^^;
3日に1回のペースですね!
自家焙煎を生業にしているわけではないので、
我ながらハイピッチだったと今更おどろいてしまいます。

いろんな銘柄を焙煎していろんなコーヒーを楽しまれる人もいますが、
ねこやの場合はストーカー的に一点集中型のようです。
どっちが良いという事ではないのでしょうが、
自分ではもうちょっと幅を広げてもいいんじゃないかという気がしています。
例えばコロンビアも今は「サンクチュアリ」と「ロスカウチョス」という2銘柄しか
焙煎したことがありませんが、他にもたくさんの銘柄があります。
そういう横幅を広げるのもいいかもしれませんし、
はたまたは全然異なる生産国の豆をいろいろ焙煎してみるのもいいかもしれません。

ただ、正直言ってどこから、何から手をつけたものやらという気持ちもあります^^;

とりあえず、誰でも知っている「コーヒーと言えばこれ!」という
銘柄を一通り経験してみるのもいいかもしれないです。
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-26 23:56 | 焙煎日記

コピ・ルアック


  「コピ・ルアック」 = コーヒーチェリーを食べたジャコウネコの排泄物の中から
               未消化のコーヒー豆を取り出し、洗浄した稀少コーヒー豆。
               某ネット店では焙煎豆が200gで10500円。


f0162381_23450.jpg


「最高の人生の見つけ方」という映画の中で、大富豪のジャック・ニコルソンが
コピ・ルアックを有り難そうに飲んでるのを、モーガン・フリーマンが
「げ~~」という表情で見ているシーンがあります。
モーガン・フリーマンは自身の死の直前にジャック・ニコルソンに
コピ・ルアックがどういうコーヒーかを教え、そしてふたりで涙を流して大笑いしますw

この映画を見て、「え?ジャックはそんなことも知らずに飲んでたの?」と
思ってしまいましたが、よくよく考えると世の中その価格の由来を知らないものは
たくさんあります。
例えば数あるシャンパンの中でなんでドンペリが高価なのか、ねこやは知りません。

なぜドンペリは高い? だってドンペリだから。

冒頭に書いたようにコピ・ルアックはジャコウネコの排泄物の中から集められた
コーヒー豆なのですが、一体どんな環境で生産されているんだろうと思います。
野生のジャコウネコにまかせ数百キロのコーヒー豆を集めることが
出来るものなのでしょうか。
それとも、奈良公園のシカみたいな環境や、それともジャコウネコ牧場みたいな
ものがあるのかな~と想像してしまいます。
その方が生産効率は良さそうですが、その代わり値崩れしてしまいそうです^^;

ジャコウネコの環境も謎ですが、もうひとつ謎なのは
そもそもコピ・ルアックは何のコーヒー豆なんでしょう????
今日ワイルド珈琲さんで再販されたコピ・ルアックの説明では
「アラビカ種のみ栽培されている地域のため、ロブスタ種の混入はない。」
と書かれています。
でもそのアラビカ種はなんでしょ??
インドネシアだからマンデリンとかトラジャなのでしょうか。

とりあえず謎のコピ・ルアック。
一度だけJAVAさんで飲んだことがありますが、酸味が強いな~というのが率直な印象!
でも貴重な体験をさせてもらいました^^
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-23 02:05 | コーヒー四方山話

深煎りにはまだ遠い


WOWWOWが「コーヒーハンター」ことホセ川島氏のドキュメンタリーを
放映するそうです。
現在は撮影の最終段階でレユニオン島での撮影が開始したそうです。
このドキュメンタリーを見るためだけにWOWWOWに加入しようかと思ってしまいます^^;

実は10年以上前にWOWWOWに加入していたことがあるのですが、
もともとテレビをあまり見ない方なので、1年くらいで解約してしまいました。
当時と比べて月額視聴料も半額以下になっています。
このような前例があるので今回もやっぱり加入することはないでしょう!
誰か録画してくれないかな~~!
YOUTUBEに掲載されることを祈るのみです^^;


さて、最近深煎り焙煎を何度か試みていますが、
すこーしコクのあるコーヒーになったものの
お店のコーヒー豆のように強い洋酒みたいなぎーんとした風味がでません。
でも自分がそんな風味が好きかどうかというとちょっとびみょ~で・・・^^;

でもそんな風味を引き出す技術を身につけていて
そこまで引き出さないのと、技術がなくて引き出せないのとは
雲泥の差があると思うのです。
ああ、難しいです! 深煎り!!!


◇◇余談◇◇

WOWWOWの2時間ドラマ(映画?)は結構面白いです!
DVDが出てたりもします。

f0162381_223198.jpg


f0162381_2215479.jpg

[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-19 21:56 | ねこやのつぶやき

火の用心


昨日と今日は雨の京都。
湿度も70%越え!
さすがに焙煎しようなんて気持ちにならないです^^;

先週は知人から頼まれたコーヒー豆を焙煎していました。
一度に連続で焙煎していると、ふと集中力が途切れる時があります。
そんな時はたいがい何か小さなミスを起こすのですが、
今回は突然シリンダーがストップしるという事態が発生!!!!
まずはガスを切ったというのは正しい対応だったと思います^^;
結局シリンダーがストップした原因はベアリングを正しい位置に設置してなかったため、
歯車が噛み合わなくなっていたのです。。。
原因がわかってすぐに焙煎を再開したのですが、再び着火するときは
ガスには何ら問題がないとわかっていても相当びびりました^^;;;
ちなみにその時焙煎していたコーヒー豆はさすがに売り物にするわけにはいかず
自宅で飲むことにしました。
今日ドリップしてみたら皮肉なことにいつもより美味しいような気がしました。

集中力が途切れた時の失敗としては、その他にキッチンタイマーをスタート
させていなかったり、ダンパーのタイミングを忘れたり、記録を取り忘れたり・・・
どれも大事に至るものではないですが、いつかガス爆発を引き起こすような
失敗に繋がりかねないので、連続焙煎するときも合間に少しはインターバルを
取るように心がけることに決めました^^

話はころっと変わりますが、ワイルド珈琲さんの掲示板に
5月下旬に手網焙煎と300g焙煎機についての本を出版されると
書かれていました。
焙煎技術に関する本は読めば読むほど自分の中で混沌としたものが生まれるので、
もうこれ以上読まないつもりだったのですが、さすがに自分が使っている焙煎機について
書かれている本なので、今回は間違いなく購入します^^


☆おまけ☆
先日恐らくはじめて京都タワーの展望フロアに行きました!
770円もとられました^^;;;

f0162381_2354480.jpg


写真中央は現在修復中の東本願寺。

f0162381_23553759.jpg

[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-17 23:54 | 焙煎日記

返答に窮す


今回の十日市でなにげに返答に困った質問。


「なにかこだわりってあるんですか?」

多分3回くらい聞かれたと思います^^;
そして自分がどんな風に返答していたのかあまりよく覚えていません。

例えば「有機栽培のコーヒー豆しか使いません!」とか答えたら
わかりやすいのだと思いますが、ねこやは有機豆は使ったことありません^^;
「スペシャリティコーヒー使ってます」とか
「カップオブセレクション入賞豆」」をアピールされているお店もありますが、
そもそもまだねこやが扱ったことのある豆は10種類以下なので、
そんな称号を持つ豆を正当に評価できるだけの技量がないのです。

もしもこだわりがあるとすれば、いろんな豆に手を出すのではなく、
ひとつの豆を自分が納得するまでマニアックに何度も何度も
焙煎しているというところでしょうか。。。
でもこれは「こだわり」とはちょっと違う気がするのですけどねw


「お店はどこにあるのですか?」

これは手作り市に出店してたら必ず一度は聞かれますw
そして「お店はないんです」と答えるたびに、何となくお客さんを失望させているような、
はたまたはそんな返答しか出来ないことになんとも決まりの悪い思いをします^^;
ネット販売でもしていればいいのかもしれませんが、
でもやっぱりネット販売には前向きな気持ちになれないです(><)


ペルー人男性の困った質問。

「なんでコロンビアですか?」

・・・・・
・・・・・
これは本当にイレギュラーな質問で一瞬アタマが真っ白になりました^^;;;
なんだかへどもどしながら説明しましたが、、
ちゃんと相手にわかってもらえていないような気がするのは
相手のかたがペルー人だったからではないと思います・・・^^;
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-16 23:36 | ねこやのつぶやき

5/10日 十日市


f0162381_22352710.jpg


昨日の十日市は最高気温30度!
大山崎山荘ミュージアムへ行く人も多くて、お客さんが途切れる事なく大盛況でした。
開始から2時間半で用意していたコロンビア2種類(合計3.5kgくらいかな)は
お陰様で完売いたしました^^

試飲用に冷たくいコロンビアを用意していたのてすが、
お客さんからは「これはアイス用の豆ですか?」という
ご質問を何度も受けました。
一般的によく「アイスコーヒー用」として売られている豆は深煎りのものばかりで、
それは苦みが強う方が清涼感を引き立てるからだと聞きます。
ねこやは「アイス用」とか全く意識せずに、単純に「外は暑いから冷たい方が
喜んでもらえるかも~」と思って用意しただけなのですが、
逆にアイス用の豆というものが一般に深く浸透しているという事が意外でもあり、
新鮮な驚きでもありました。

昨日はペルー人のお客さんにもご試飲頂きました^^(日本語ペラペラ)
ペルーがコーヒー豆の生産国かどうか把握してなかったので、
もうちょっと勉強していたらよかったです(><)

あと、同じく出店者で手作りアクセサリーの「motif」さんは
なんとねこやのブログを見て4・4市に出店されていたそうなのです!
残念ながらその時ねこやは出店出来なかったのですが、
このような辺境のブログでさえ何らかの情報発信をしているということに
大変大変驚いた次第です^^;;;


十日市にお越し下さったみなさま、暑い中本当に有り難うございました☆
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-11 22:35 | 手作り市

明日は十日市


ようやく明日の十日市の準備がおわりました・・・・
いつも手作り市は前日にクタクタになってしまいます^^;

明日はコロンビア月間(←勝手に決めてる)ということで、
コロンビア産のコーヒー豆を2種類販売します。
ひとつは「コロンビア・スプレモ・ロスカウチョス」。
もう一つは「コロンビア・ブルボン・サンクチュアリ」です。
ちょっと長ったらしいので、十日市では
「コロンビア・ロスカウチョス」と「コロンビア・サンクチュアリ」とします。
・・・あまり変わらないかな^^;;;

明日の京都は30度近くまで気温が上がるそうです!
試飲用のコーヒーを急遽アイスコーヒーに変更することにしました。
試飲できるのはロスカウチョスの方だけなのですが、
どうぞお気軽に飲みに来てください☆
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-09 22:51 | 手作り市

ミスター・プレジデント


明後日は久しぶりの出店ですが、なにげに現実逃避中のねこやです^^;
子供には「毎日少しずつ(塾の)宿題してたらええねん!」と説教する割には
自分自身はこのようなていたらくです・・・

で、どこまでも逃避した話題なのですが、時々映画の設定で「アメリカの大統領」が
出てくることがあります。
「エアフォース・ワン」はハリソン・フォードがアメリカ大統領。
「バンテージ・ポイント」ではウイリアム・ハートが大統領。
とりあえず映画は虚像の世界なわけですが、なんとなく映画の中の
「アメリカ大統領」に慣れるのに少し時間がかかります^^;

姿形だけでなく、名前さえも慣れるのに時間がかかります。
ちなみにウイリアム・ハート演じるアメリカ大統領は「アシュトン大統領」です。
なんとなく高級ブティックみたいなイメージです・・・(--)
かわぐちたいじ氏の超有名漫画の「沈黙の艦隊」では「ベネット大統領」でした。
こっちは名前もビジュアルも慣れるのに時間がかかりました^^;

その割にはアメリカ歴代大統領が交代するときは、新しい大統領はすんなりと
アタマに定着してしまいます。
連日テレビに出て名前が連呼されてるので当然のことなのかもしれませんが・・・
ねこやは、「一体いつが本当の大統領選挙なの??まだ選挙戦の途中??」と
思ってたら、いつの間にかすんなりオバマ大統領が就任していました^^;;;
ものすごく時間をかけて就任前からアメリカ大統領という存在を
世界に向けてアピールしている印象を受けるので、
大統領選挙も実はあらかじめ決定しているものを、わざわざショーアップ
しているんじゃないかと思ってしまいます。

来週末上映される「天使と悪魔」の原作者ダン・ブラウン氏の
「デセプション・ポイント」を今読んでいるのですが、
この作品は大統領選がベースになっています。
で、この作品の中の現役大統領は「ハーニー大統領」と言います。。。。
しっくり来ないのは言うまでもありません^^;

この作品の中でハーニー大統領はヒロインの女性と密談します。
その時の大統領は「虜になること請け負いのコーヒーをごちそうしよう。」と
ヒロインに言います。

ほうほう。。一体どんなコーヒーだろう??

そして白鑞のポットにそろいのマグカップが用意されて、
大統領自らの給仕でヒロインにコーヒーが手渡される時のセリフ。
「本物のポール・リビアだ。ささやかな贅沢だよ。」
そしてヒロインはひと口飲んで、これほど美味しいコーヒーは
飲んだことがないと驚きます。

ポール・リビア! なにそれ!そんなコーヒー聞いたことない!!!

早速調べてみたところ「ポール・リビア」はコーヒーでもなんでもなくて、
アメリカ独立戦争時代の銀細工職人でした・・・・(--)
要するに「本物の柿右衛門だよ!」と言って茶碗を渡されたようなものなのでしょう。。
めっちゃ美味しいコーヒーの正体はわからずじまい。。。
相当がっかりしました^^;;;

ただでさえねこやのアタマに認知されてないハーニー大統領。
支持率低下中。。(--)


f0162381_044997.jpg

                 ポール・リビア・・・・
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-09 00:01 | コーヒーと読書

コーヒーハンター


f0162381_17423333.jpg
2007年の1月に100g7350円という驚異的な価格のコーヒーが上島珈琲から
発売されました。
「ブルボン・ポワントゥ」。
新聞紙面やワイドショーにも取り上げられてそうなのですが、
当時のねこやは陶器焙煎はしていたものの、コーヒーそのものには
さほど興味がなかったので、そんなコーヒーが話題になってたことすら知りませんでした。
今回、川島良彰氏の「コーヒーハンター 幻のブルボン・ポワントゥ復活」という作品を
読んではじめてその存在を知りましたw

まず、この本は純粋に読み物として抜群に面白いです!
静岡の自家焙煎店に生まれた川島氏は、高校卒業後エルサルバドルに留学。
でも大学は休学してエルサルバドル国立コーヒー研究所に猛烈アプローチして、
研修員としてもぐり込みます。

その後はエルサルバドルでの内戦に巻き込まれたり、
親から勘当されたり、アメリカのタコス屋さんで働いたり・・・
やがて上島珈琲の社長からジャマイカでのコーヒー農園開拓に協力して欲しいと
申し出があり、正式に上島珈琲の社員(しかもいきなりジャマイカ現地法人の
取締役農園生産部長!)になります。

本の内容を書いてるとキリがないので、以下省略^^;
とにかく、品種でコーヒー豆について考えたことがなかったので、
目から鱗な話がたくさんありました。
あと、技術的な国際支援の意義の大きさも感じました。

「ブルボン・ポワントゥ」はレユニオン島で絶滅に瀕していたのですが、
現地の人と一緒になって復興プロジェクトを立ち上げ、7年の歳月を経て
ようやく販売にまで至ったのですが、それまでの過程やお披露目となったときの
レユニオン島の人々の喜びを読むと、このコーヒーを買うことで自分もこの
プロジェクトの一端になりたいと、そんな風に感じてしまいます。
(・・・でもやっぱり高いからまだ思案中^^;;;)


あと、良い上司に巡り会えるかどうかということ!
これってサラリーマンには大きな要素だな~と思います^^;
川島氏がレユニオン島をはじめて訪れた1999年といえば
バブル崩壊後自殺者数が3万人を越えるようになった時代です。
そんな不景気の最中に採算度外視で川島氏を自由に泳がせていた
上島珈琲社長(現在会長)はすごい人だと思います!

でも本当に面白い仕事してる人(またそれが出来る人)というのは
ごく僅かなんだろうな~と、ごく平凡なサラリーマンねこやは感じた次第ですw


   <余談>

著者の川島氏のブログで「ホセからの手紙」に登録しましたw
(ホセとは川島氏のエルサルバドル時代からの呼称)
いつかホセから手紙がくるのでしょうか^^
それにしてもホセ川島氏の移動距離はものすごいです!
きっとマイレージもたくさんたまっていることでしょう。
たかだか30分足らずで行ける四条河原町さえめんどくさいねこやからは
想像も出来ないフットワークですw
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-05-06 18:10 | コーヒーと読書

自家焙煎と読んだ本あれこれ


by nekoya_cafe