ブックカフェ★ねこや珈琲

nekoyacafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ねこや、畑を借りる

先日の記事で「夏野菜作りに挑戦!」という全8回の講習に応募したと言ってましたが、
今年になってねこやの娘っこたちがクラブに入部して、
これまでのように土日の予定がたてにくくなってしまいましたので、
抽選を待たずに辞退することになりました(--)
もともと、講習そのものが子供参加企画なので、子供が参加出来なかったら意味ナシなのです。

で、昨日いきなり近所で畑を借りました・・・

f0162381_1723534.jpg


幅90cmくらい×長さ5.5mの1畝。(写真手前側)
そもそも「畝(うね)」という単語(単位?)を初めて知りました^^;
「畝」って、李 畝しか知らん。

畑どころかガーデニング全般的に超ダメダメのねこや!
ほとんど衝動的に畑を借りてしまいましたが、単純に土があって種なり苗があれば
ちゃんとした野菜が育つわけじゃないと今更ながら気が付きました^^;;;
大丈夫なのか。。。わし。

とりあえず大きい本屋さんで家庭菜園に関するコーナーを物色。
すると珈琲焙煎とは比較にならないくらい、いっっぱい関連書物が!
吟味すればするほど、「えらいこっちゃ・・・」という気持ちがふつふつと湧き起こります。
いったいどの教えを軸とすればいいのよ!
それとも書物の種類はたくさんあるけど、結局どれも同じこと書いてるんかいな??

そして本棚の前で物色すること1時間半。
結局ねこやは「永田農法はじめてでもできるおいしい野菜づくり 」を師として畑を始めることにしました。
決め手は、「他の本よりも工程や考え方がシンプルな感じがする。。。」
ただそれだけだったりします^^;;;

そんなこんなで、今年のゴールデンウィークは畑のことで右往左往しそうですw

ああ、ほんまに大丈夫なのか。。。わし。
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-28 21:58 | ねこやのつぶやき

ニュートラルダンパー

ワイルド珈琲さんの4月25日付「店長のひとりごと」ではダンパーについて解説されていました。
ねこやの300g焙煎機はねこやパパお手製ダンパーがついています^^
今ねこやがおこなっている焙煎プロセスとダンパー操作は
ワイルドさんでの講習で習ったことが基礎となっていますが、
正直なところダンパー操作についてはホンマに効果があるのかどうか,
どこまで効果があるのか突っ込んだ検証をしたことがありません。
一度開けっ放し、締めっぱなしの両パターンで焙煎してみてもいいのかもしれませんね。

で、その店長のひとりごとで、「ニュートラルダンパー」について書かれています。
ニュートラルダンパーとは「排気が引き過ぎない、こもり過ぎない位置」のことなのだそうです。
で、その位置を正確に知るには、排気口(=300gの場合豆の投入口)に
ライターの火をかざしてみて、炎がゆらめかないようであればニュートラルな状態なのだそうです!

おお!それはやってみねば!
そんなわけで今夜は急遽メキシコを焙煎することにしました^^

f0162381_23331082.jpg

おお!案外炎が安定してるじゃないか!!!
(写真で見ると何やってんだかよーわかりませんが^^;ホンマに焙煎中の写真です。信じて~)
全工程、炎が極端にゆらめくことはなく、終始安定していました。
逆に、こんなに安定しててええんやろか、ほんまに炎が排気口に吸い込まれたり
逆に吹き消されたりするんやろかと思うくらい^^;;;

とりあえず、どうやら割りとまともなダンパー操作ができているらしいことがわかってほっとしましたw
・・・が、一番ほっとしたのは、これでダメダメだったらまたイチから探りなおしに
なるんやろかという心配が解消されたことでしょうか^^;
ただし、他の豆じゃダメダメの可能性は大いにあるわけですが。。。

そんな心配もあったけれど、チャッカマンで火を灯しながら写真を撮影するという
一度に二つの動作をすることにちょっと緊張てしまいました。
カメラのストラップ、燃やしてしまうんちゃうやろかと・・・^^;;
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-25 23:33 | 焙煎日記
f0162381_2135160.jpg4月24日。
今日はホンマなら日吉ダムマラソンで山道を
走ってるはずだったのですが、先月末に
開催中止の案内が・・・・

その代わりでも何でもないですが、京都大丸で
巨大シュークリーム買ってきました。
うちのにゃんこの顔よりも大きいです。
お味は案外しつこくなく美味しかったです。
でもやっぱりシュークリームはヒロタかな・・・・


自宅でスイーツ食べるときは当然珈琲淹れます。
今日の珈琲はルワンダ。
最近自分の焙煎した珈琲がやたら美味しくて、飲むたびに「うめ~~」と叫んでいます^^
新しく仕入れた「マンデリン・リントン・シリシ」もやたら美味しいですw
ちなみに中煎りです。
深煎りもそのうち挑戦しようと思っていますが、でもやっぱり深煎り珈琲は風味が苦手で、
自分で正しい評価ができないのがツライところです(><)
世の中の料理や食品にまつわるプロの人でも「これだけは苦手・・・」というものが
あったりするんでしょうかね~
(たとえば、栗原はるみは実は酢の物系が苦手とか。。。)
それともプロはそんな弱みを世間にさらしたりしないもんでしょうか。

話は戻って巨大シュークリーム。
うちの上の娘はものすごく気に入ったらしく、テンションあがりっぱなしで、
次回もまた買いたいといっています。
いわゆるリピーターですね。
ねこや自身はそこまでテンション上がってないのですが、
ならば自分が何べんも食べたいと感じるスイーツっていったいなんだろうと考えてみました。
かなり本気で・・・

で、結果は「ナビスコ リッツ」かなと・・・^^; やす!
ねこやパパならば「源氏パイ」って言うやろな~ うちの常備菓子だし。
どっちにせよやす!
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-24 21:35 | ねこやのつぶやき
さて、震災以降約1ヶ月間、全くと言っていいほど本が読めなくなってたねこや!
(普段なら月に4~5冊は読んでます。)
同じ状態に陥った辺境作家の高野秀行氏は自身のブログで
「津波や原発という現実があまりに圧倒的で、フィクション世界がちゃちく見えてしかたない。
 この1ヶ月、いったい何冊の小説を途中放棄したことか。」
と書かれていました。
ねこやがそれと同じかどうかはわからないですが、震災と直接関係ない人にも
間違いなく大なり小なり影響を与えているのだと思います。

それが先週あたりから急に本がすいすい読めるようになってきて・・・
ねこやが考えるに「川の底からこんにちわ」の影響は大きいかな~と。
「がんばんなきゃしょーがないでしょ!!」って主人公が開き直るところがなんとも爽快で、
「そやねん。がんばらなしゃーないねん!」と共感したというところでしょうか。
まぁ我ながら単純な話です^^;;

そんなこんなで日曜日に一気読みした「孫が挑んだもう一つの八甲田雪中行軍 」。
最初は明治時代の八甲田山大量遭難事故についての検証ものかと思ったのですが、
実はこの作品、定年後の団塊世代のおじさまの人生応援歌的な作品でしてw
f0162381_238848.jpg

作者の間山 元喜氏は青森の陸上自衛隊を定年退官後、再就職に2度失敗。
ウニウニ過ごしていくうちにやがて自身の得意技(何故か司会)を生かして会社を設立。
第二の人生に勢いをつけたれ!みたいな思いから、ご自身のおじいさんが
実際に踏破した八甲田山雪中行軍を再現しようと思い立ったというような
いわばロードムービー的な内容。

八甲田山雪中行軍は実はほぼ同時期に2つの異なる部隊が挑戦していて、
かたや210人中199人が遭難死するという大惨事。
かたや37人という少数部隊は全員生還しています。
作者の祖父は後者に所属していたわけですが、大量遭難の事実があまりにも
甚大すぎて、当時の日本軍は全員生還した部隊の偉業を隠蔽してしまいます。

本作では作者が実際に同じルートを踏破するのですが、当時のような11泊徒歩による
行軍なんてオソロシー企画は当然無理なので、
一部車やスキー、スノーモービルの力をかりて3泊4日で踏破します。
「なんじゃそれ!」と、いわゆるサバイバルものを読みあさっていると
多少ガッカリ感がなきにしもあらずですが、実際の所冬の八甲田は想像以上の世界で、
作者自身「成功したのは運がよかっただけ!二度とやらん!」と公言しています^^;

さて、この作品。
団塊世代の第二の人生の応援歌という意味合いと、この作品が書かれた平成21年の
大不況、派遣切りなど暗い世相に希望を与えようという作者の意図が盛り込まれた作品なのですが、
今の時期に読むと最後の一節はなんだか今回の震災について語ってるようでもあります。

要約すると、、、

自然の力というのは計り知れないもので、それは人の精神力で何とか出来る
ようなものではない。
でも人間も自然の一部であり、その精神力もまぎれもなく自然から与えられたものであり
計り知れないものである。 と・・・・

ああ、そうさ!ワシらも自然の子!

やれることを地道にやっていく。遠回りしてもやっていく。
それしかないし、それでいいのだわ。きっと^^ 
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-18 23:03 | コーヒーと読書

チャッカマン

昨日と今日はオーダーいただいたコーヒー豆の焙煎DAYS!

唐突ですが、ねこやは生豆を洗います。
恐らくワイルドさんの300g焙煎機を持ってる人は
皆さんほとんど生豆を洗ってから焙煎されると思います。
・・・というのも、ワイルド師匠の教えがそうだからです^^
でも、生豆を洗うということについては賛否両論あります。
洗うことでコーヒーの風味がぼけるという人もいれば、
洗うことでクリーンな仕上がりになるとか。。。

ちなみにねこやはその議論に参加できるほどの経験は積んでいません^^;
300g焙煎機ではチャフを回収する機能がないため、
チャフがそのままバーナーに触れて豆に焦げ味が付着してしまうのを
少しでも解消するために生豆を洗うという解説に
ねこやが納得しているから生豆を洗っているにすぎません。
でも、そんなに時間かけて洗ってるわけじゃなくて、
出来るだけ手早く洗って、手早く焙煎工程に移っています。

・・・と長々と能書きを書いてしまいましたが、
その生豆を洗う工程から焙煎工程に移ったときに必ずドキッ!とすることがあります。
それは、「チャッカマンが点火しなかったらどうしよう・・・・」ということです^^;
さすがに洗った生豆を長時間放置するようなことはしたくないので、
洗って、水気をふき取ったあとは、とっとと焙煎したいわけです。
でもいつも「このチャッカマンがつかなかったら!!!」と思ってしまいます。
ねこやパパもチャッカマンを持ってるとは思いますが、
ねこやパパに助けを求めて、チャッカマンを出してもらうまでの時間の経過を考えると
生豆的にはなんだかアウトなわけです。

毎度毎度そんな心配をする割には、生豆を洗う前にチャッカマンの
点火チェックを忘れるのです(--)
どーゆーことよ!
この際、チャッカマンを数本持っていようかとも思うのですが、
買い物に出るたびに忘れてしまうのです。

とても重要な役割を担っているチャッカマン!
でもその存在感はとことん薄く・・・・・

今日も昨日も無事チャッカマンは点火してくれました。。。。
でもいつかそんな大事故がおきそうな気がする今日この頃です(--)


<余談>

f0162381_2239486.jpgややはまってるもの。
「FLASH FOARD」。
でも連続ものって、さくさく続けて見ないと
持続力が続かないのです(--)
せめて竹内結子が出てくるところまでは
たどり着きたいかな~と。。。。
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-16 20:57 | 焙煎日記

畑への誘い。

今月末に予定されていた日吉ダムマラソンは震災の影響で中止となりました(--)
なんでやねん。。。こっち震災の影響なんてほとんどないやん!
ま、中止が決定したのが先月の25日頃なので、あちこちのイベントが自粛ムードだった頃。
今頃主催者は「やっとけばよかったー!!」と後悔してるに違いないさ!

その代わり・・・というわけじゃないけど、新たな家族企画にエントリーすることになりました。
今回エントリーしたのは「夏野菜作りに挑戦!」という、4ヶ月全8回の講習です^^
親子参加企画で、1組4人まで参加OK。
全部で10組まで募集されていた、来月上旬に抽選で参加者が決定します。
ねこやさんちは家族4人1組でエントリー^^
ねこやパパは自分も参加人数に入ってると知ってるやら知らんやら・・・
・・って、私がねこやパパに言ってないや^^;; 
ま、ええでしょうw 可能な限り参加してくれるはずさ!

なんで急に畑仕事?・・・というと、まずこの企画が自宅からすごく近い場所で開催されること。
ねこやは園芸の類がダメダメなので、ちゃんと作物を作ってみたいと心密かに思ってたこと。
それと、震災で多くの農家が被害にあわれて復旧のめどがたっていない中、
ほんの少しでも農業を体験してみたいと思ったことでしょうか。

でも、ホンマはカイガラムシとか苦手なんですけどね^^;;
(そもそも「私、カイガラムシすっごい得意!」なんて人はおらんでしょうが。)
ま、とにかくチビ娘が特に楽しみにしてるので、是非とも抽選にあたりたいものです。
あの、学級役員にあたったくじ運の強さを発揮して!!
f0162381_23255990.jpg

            時間があればトラクター運転させてもらえるそうです。
            もえるおと~この~ あ~か~いトラクタ~~♪
            写真は青そうやね^^;
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-13 23:17 | ねこやのつぶやき

ハイスクール・ララバイ

今日は高校の入学式でした^^
粛々と式典はおわり、その後は保護者だけが集まって、
いきなりクラス毎に役員の選出!
42人中2人が選ばれるこの役員の選出方法は
竹串を一人1本ずつ抜いていくという、べたなくじ引き!
そして、みごとねこやはアタリをひいてしまいました(T_T)
あ~あ。

高校の入学式を見ている最中、なぜだか自分の高校時代のいや~~な思い出が
ふつふつと湧き上がってきました。
特に入学後すぐに行った1泊オリエンテーション!
どんな内容やったかほとんど覚えてないですが、
「みんなで絆を深めよう! みんなで力をあわせてえっさっさ!」みたいななまっちょろいものじゃなく、
体育系の先生の怒声やらなんやら、とにかく中坊あがりで浮き足立ってる新入生をびびらせて、
「義務教育終わったら容赦せいへんで~!」みたいなものだったような。。。
(我ながら暗黒な記憶やな~^^;)
とにかく娘も来週はいきなり1泊のオリエンテーションです。
別に娘は憂鬱じゃないのに、私が憂鬱になっています^^;;;

だからと言って高校時代がすべて暗黒だったかというとそんなことはなく、
どっちかと言うと楽しかったことのほうが多くて、普段はイヤな記憶は
ほとんど頭に浮かばないです。
中学と高校とどっちが楽しかった?と聞かれたらやっぱり高校時代です。
今回いや~な思い出がプレイバックしたのは、入学式といういわばおめでたい式典なのに、
式典の進行係のせんせーの声が何となくお悔やみモードだったからかもしれないですw

ま、子供らはええことも悪いことも、楽しいこともイヤな事もこれからいっぱい経験するのでしょう!

入学式から自転車で帰るとき、まだ通ったことのない道に入ったところ、
昔懐かしいたばこ屋兼日用雑貨屋を営む古い農家がありました。
そのお店の前を通過するとき、「コーヒー豆あります」という看板が見えました。
通過してるとき「ふ~~ん。コーヒー置いてるんや。」と思ったのですが、
今になって、「何でコーヒーだけ特化してるんやろう!」
と気になってきました^^;;

もしかして、細々と自家焙煎して販売してるんやったりして。。。。

どうせ役員のシゴトでまた学校に行くことがあるので、
次回はじっくりお店を見てきます^^ 
じっくり、遠巻きに・・・w

f0162381_2253417.jpg

            *写真は件のお店ではありません。あしからず。
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-11 22:54 | ねこやのつぶやき

百姓貴族

コミックエッセイは読みつくした感があったんだけど、
久々にホームランなエッセイ漫画!
先日ようやく最終回を迎えた「鋼の錬金術師」の作者、荒川弘氏の「百姓貴族」^^

f0162381_22112739.jpg


作者は北海道の開拓民の末裔で、実家は酪農を営んでいます。
子供の頃から酪農&農業仕事を手伝うのが当たり前の環境に育ち、
やがて農業高校へ進学。

ま、長々と書いてもこの作品の面白さは伝わらないから、
つべこべ言わずに本読んでみてみてw
本を手にすることをためらう人は、作品の一端を垣間見れる
荒川氏インタビュー記事でも読んでみてみて^^


農業マンガといえば他に五十嵐大介氏の「リトル・フォレスト」も好きですが、
でも自然の中で自給自足な暮らしがうらやましいかと言われたら決してそうでもなく・・・
うまく表現できないですが「百姓貴族」でも「リトル・フォレスト」でも、
働くことが染み付いてるってところに一番惹かれてるような気もします。
「冬が終わってまずすることは次の冬の食料を作ること」(by リトル・フォレスト)
みたいな感覚は自分の中には存在してないです。

なんだろな~
普段エンドレスな事務仕事してて、どっちかというと「動かされてる」って感覚で
仕事してんのかもしれないな~~
つべこべ言わずにやることやる!みたいな潔いシゴトしてないんだろうな~^^;

ま、とにかく第一次産業の現場をこういう切り口で見せてくれるオススメ作品!

こういう切り口?

どういう切り口?

そりゃ~やっぱりお笑い系ですよ^^
ねこやがもしマンガ書けたら、爆笑焙煎コミックエッセイ書くのにな~~
もしくはエンドレス事務シゴトのお笑いコミックエッセイ。

だるだるな日常でも、それをお笑いに変換できたらコワイものなし!!
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-06 22:41 | コーヒーと読書

こどものさんすう

さて、今日はちび娘(高学年)の春休みの宿題について。

   問題

   りんご3ケ、みかん5ケ買って合計700円でした。
   りんご1ケの値段はみかん1ケの値段の3倍します。

   1) りんご3ケの値段はみかん1ケの値段の何倍ですか。

   2) りんご、みかんそれぞれ1ケの値段を求めなさい。



読解力のないちび娘は悩みまくっていましたが、図で説明すると解ってくれたようです。
(りんごの絵とみかんの絵をさんざん描きました。。。^^;)

が、、、

この問題の難しいところは、答えがわかるわからないじゃなくて、
答えを「式」で求めるところなのです^^;;
小学生なので「X」は使用不可!!
ねこやは理屈は説明出来ても、いざ式を求める段階でフリーズ。
高校受験を終えたばかりのおねーちゃんもフリーズ。
結局、なんか説明くさい文章を踏まえた式になってしまいました。
たとえば、「みかん1ケを1円と仮定する」とか・・・^^;
こんな答え方が小学生向きな回答とは思えないっす。

・・・なんか小学生の算数ってめんどくさいです(--)
ねこやは小学校時代は算数ダメダメでしたが、中学はそこそこ得意でした。
今考えると小学校の算数は制限が多すぎたり
答えを求めるためのルートがまどろっこしすぎたんちゃうやろーかと。
それでも、論理的思考力をはぐくむためには、こういうまどろっこしい段階が必要なのでしょうか。

ちび娘の試練は続く!


さて、焼き屋っぽく焙煎の話。
先日マンデリンを2ハゼエンドまで焙煎して、仕上がり上々だったことに
すっかり気をよくしてしまって、ブラジル・トミオフクダDRY ON TREEを
2ハゼエンドまで焙煎してみました。
そしたらこっちも仕上がり上々!
香りが良いとねこやパパにも好評^^
でも、2ハゼエンドまで焼いてマンデリンは豆の表面が黒光りしたのに対して、
ブラジルはテラっとすることはなく。
「もっと焼いても平気でっせ!」と言われてる気分になりました^^;;

いや~。仕上がり感も豆それぞれ個性あるな~~。

f0162381_2358358.jpg

[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-04 23:48 | ねこやのつぶやき

川の底からこんにちは

金曜はコーヒー&スイーツ&シネマ!
最近、この週末の過ごし方とはご無沙汰してたんだけど、
先週あたりから復活しています^^
昨日見た映画は「川の底からこんにちは」。
f0162381_10431677.jpg

「わたしなんて、所詮たいしたこと無い女だし。中の下だし。」とダルダル人生を送る主人公が
やがて「がんばらなきゃしかたないでしょ!」と完全に開き直っていくさまが
すごく勢いあって爽快^^
いや~~~。面白い映画やった~~~。
あるレビューで「きちゃなくてそして最高に面白い」って書いてあったけど、
ホンマに日々の営みってなんかきちゃなくて、ほんで滑稽。
泣き笑いとパワーをもらえる映画。

プラス!

木村水産の社歌がいつまでも耳から離れない・・・
上にリンクしてる公式サイトにアクセスしてみてみて^^



さて、宣伝。

ねこや娘がブログをはじめました^^;;;
しかも自分のおば(日々のごはんたね)とテーマかぶってるし。。。
はたして、おばはんと現役女子高生の食生活&感性の違いが
この先ブログで明らかになっていくのでしょうか!!

ちなみにわたしゃ、お弁当作りから解放されてらくちんです^^


ねこ娘ブログ

昨日のおかずは今日の弁当
[PR]
by nekoya_cafe | 2011-04-02 10:54 | コーヒーと映画

自家焙煎と読んだ本あれこれ


by nekoya_cafe