ブックカフェ★ねこや珈琲

nekoyacafe.exblog.jp
ブログトップ

インディーズな


ねこやは焙煎豆の販売を行ってはいますが、決してこれが生業でなないので、
プロの方々からは「アマチュア」とか「マニアの人」と言われることがあります。
性格的にはマニアックなねこやではありますが、
「プロではないマニアの人には(生豆を)お売りできません」
と言われたりすると、なにげにズキンと来るものがあります。
でも、その道で生計を立ててるわけでない以上、
区別されてしまうのは仕方のないことだと思います。
それでも人様からお金をもらってる以上は、「私はアマチュアですから!」などと
言い訳出来るものではないのです。
果たして何を持ってして「プロ」であり、「アマチュア」なのでしょうか・・・
う~ん。

ところで、先日グラウベルさんから届いたメールには
「インディーズな焙煎者」という表現がありました^^
「インディーズ」という単語はどちらかというとメジャーデビュー前のミュージシャンという
印象ではありますが、ウィキによると、ある業種で大衆に有名なものを大手(メジャー)と
呼ぶのにに対して中小のものをマイナーと言い、そのマイナーの中でもメジャーと資本関係や
人的交流などを深く持たず、系列化されていない、独立性の高いものをインディーズと呼ぶのだそうです。
・・・ちょっと難しい分類ですね^^;;
簡単に言うと、ほとんど無名で、利潤追求型でないものを指しているのかな~
という感じです。

とりあえず、この「インディーズな焙煎者」という表現がちょっとええ感じに思えたりするのですw
たぶん、「アマチュア」という言葉の裏に「ドシロウト」という侮蔑の意味が含まれてたり、
「マニアの人」=「オタク」という印象が強いのに対して、「インディーズ」は多くのミュージシャンの
おかげでデビュー前の原石のきらめきを感じてしまうからなのでしょう^^

「横文字なんぞに惑わされよって!」
・・・そんなツッコミはナシで^^;;
言葉ってそれなりにイメージやモチベーションを左右するものなので。

例えて言えば、最近「中年太り」と言わずに「メタボ」と言う方が多いじゃないですか。
あれも一種のイメージ操作かな~などと思うねこやなのですw
[PR]
by nekoya_cafe | 2009-12-22 00:39 | ねこやのつぶやき

自家焙煎と読んだ本あれこれ


by nekoya_cafe