ブックカフェ★ねこや珈琲

nekoyacafe.exblog.jp
ブログトップ

元気ブレンド

今日の読売新聞の夕刊に神戸の長井珈琲さんの「元気ブレンド」が掲載されていた。高齢者向けに低刺激でもコーヒーの風味を楽しめるブレンドを開発したそうな。
低刺激とはいえ、どこにもカフェインレスとは書かれていないので、カフェインレスではないのかもしれない。いずれにせよ、素晴らしい取り組みだと思う。

私自身も体調次第ではコーヒーを全く受け付けない時がある。そんな時はねこやパパ用に淹れてるコーヒーの香りをかぎながら、「ちくしょー!」と思ったりする。
コーヒーの刺激なんて、普通に飲んでる時は全然意識してないけど、自然と身体が受け付けないことがあるということは、やはり何らかの刺激があるのだろう。それがいわゆる「カフェイン」なんだろうとは思うけど。
焙煎方法や豆種を選ぶことでカフェインを低減できるのかもしれない。

前に一度だけカフェインレスコーヒーを飲んだことがある。
意外と美味しかったけれども、なにかが足りないとも感じた。
予め「カフェインレス」であるという情報があったからそう感じただけかもしれないけど。。。^^; 
いくつかコーヒーを並べて、どれがカフェインレスか私に当てることができるだろうか。ノンアルコールビールと普通のビールくらい違いをかじるものだろうか。
私の意識は区別はつかなくても、身体はわかったりするのだろうか。
いつか機会があれば試してみたいけど、わざわざそのためにカフェインレスコーヒーを購入することはまずないと思う^^;

とりあえず、若くて元気でぴっちぴちしてる時は多少の刺激は全然へっちゃらだけど、微妙なお年頃だったり体調が悪かったりすると、今まで平気だったものが平気でなくなることは多々あることだ。
もうずっと以前に亡くなった祖母は、後年になると甘さを感じにくくなってしまって、異常に甘いおぜんざいを作るようになった。とにかく以前のように美味しく食べたかったのだと思う。

年を取ってくると食べる量は減ってくるけども、美味しく食べたいという欲求はそう簡単には衰えない・・・というか、死ぬまで衰えないんじゃなかろーか。

「元気ブレンド」は一般販売はされず、高齢者施設などで無料で開催される「ふれあいコーヒー教室」で振る舞われるとのこと。



[PR]
by nekoya_cafe | 2015-01-24 18:31 | コーヒー四方山話

自家焙煎と読んだ本あれこれ


by nekoya_cafe